リフォームにかかる費用などについて調べてみました

リフォームにかかる費用は、リフォームする部分や規模、使用する機器や工事内容によって大きく異なります。
業者に直接会って見積り額を提示してもらうまでは、正直費用はわかりにくいのですが、インターネットなどで調べてみるとある程度の相場は知ることができます。
少々誤差はあるとしても、相場を知っておけば業者に見積り額を提示された際に妥当な金額なのかどうかを判断する材料になります。
ぜひ見積りを取る前にこういった相場を調べておいてくださいね。
ここでは一般的なリフォーム工事の相場を少しだけ紹介しますので、参考にしてください。

まずは自宅の内装リフォームの場合。
たとえば和室をフローリングの洋室にリフォームしたいとなった場合、高くて50万円程度のようです。
ただ床材にすごくこだわりたいとかクローゼットも作るという場合には、もうちょっと必要になるかもしれません。
また部屋の雰囲気を変えるために壁クロスを張り替えたりした場合もその分お金が必要になります。
この壁クロスだけを張り替えるリフォームの場合は、10万円程度でできます。
部屋の広さにもよりますが、6畳くらいの部屋ならもうちょっと安くなるかもしれません。
壁クロスはクロス材料の面積で費用が計算されるようになっています。

次の外装リフォームの場合ですが、自宅の外壁を全て塗り替える場合は80万円程度は考えておいたほうがいいと思います。
一般的な2階建ての家を想定していますが、たとえばタイル張りにしたいとか、メンテナンス不要の外壁に変える場合はもっとお金がかかります。
古い家の場合、屋根瓦を取り替えるリフォームも多いのですが、この瓦の取り換えは結構予算がかさみます。
種類によっては100万円以上もかかることもあるので、事前にきちんと説明をしてもらってくださいね。

水周りのリフォームは最も多くの方が利用している部分になります。
システムキッチンを交換する場合は、種類によってかかる費用が大きく変わります。
たとえば思いきってアイランド型のキッチンにしたい!という場合、給排水管の工事もしなければいけなくなります。
そうなると場合によっては200万、300万円くらいの費用が必要になることもあります。
ユニットバスの交換は、既存のスペース内で収まれば安い費用で済みますが、広さを変えたりバスのグレードによってはキッチンのリフォーム並みの費用が必要になる場合もあります。
ただし一般的な一坪タイプであれば100万円あれば大丈夫だと思います。

業者によって提示する見積り額は違います。
1社だけで見積りするとそれ以外の業者の見積りを知ることはできませんし、比較したり業者と交渉する材料もありません。
できるだけいくつかの業者から見積りを取ってほしいと思います。
そうすることで自分たちでじっくり複数社を比較することもできますし、お金だけではなく業者の雰囲気や担当者の人柄も比べることができます。